制服買取の口コミなんてタブー

私立の学校に通っていたことのある女子なら学生時代に着ていた制服があるでしょう。その制服ってどうしてましたか!?

卒業してすぐに処分しちゃった
そんな人もいることでしょう。

でも、もし自宅に保管してあるということなら、
その制服を売却することできるかもしれません。

売れる制服はデザイン性

どうしても売れない制服もあります。
汎用デザインの制服です。

公立学校だと採用されてることが多いんですが、
どこにでもあるような制服の場合は売れないもしくは売れてもわずかな金額にしかなりません。

逆に、デザイン性のある制服であれば数万円で売ることできます。

口コミなんて無視

制服を売却するには業者へ買取してもらうのが手っ取り早いです。
世の中にはいろんな業者があるもので、制服買取を専門にしているところがいくつかあります。

制服買取ってちょっと怪しいので、ネットの評判・口コミを参考にしてどこへ売るべきか考えることがあるはずです。

しかし、ネットの評判や口コミは本当にあてになりません。
ほぼほぼステマ的なモノとなっており、広告掲載枠としての口コミだったりします。

どうやって業者を探すべきか!?

では、どのようにして制服買取業者を選ぶのかとなりますが、確実なのは他人の情報を鵜呑みにするのではなく、自分で情報収集することです。

具体的なやり方は制服買取で検索して上から順番に良さそうなところを探しましょう。

以下に探す際のポイントを記載しておきます。

○運営者をチェック
○送料・返品料をチェック
○査定金額未満になる可能性をチェック
○電話対応をチェック

この4項目をチェックすれば依頼すべき制服買取業者が見つかります。

運営者というのは法人・個人の両方があります。
できれば法人での運営を探しましょう。

なお、住所が不明瞭な場合もあります。
たとえば、本来マンションの一室で業務をしてるはずなのに、マンション名や部屋番号の記載がないケースです。

正確な情報を出せない理由があるのかもしれません。

査定金額の妥当性

制服を売るとこになったらほとんど人がメールで査定金額を出してもらいます。その金額が高い・安いが売り先選びのひとつの基準になるのですが、その査定金額自体が曖昧だったりします。

小さいな字で金額が上下するとか、制服の状態次第で金額が変わるという注意書きがされていたら注意しましょう。

具体的にどんなケースで金額が変わるのか聞いておきましょう。
さらに金額が下がるときの返品料・キャンセル料を確認すべきです。

ここまでやって「厳選1社」を探すことができるのです。