シナリオライターってどんなアルバイト?

稼げるウェブライターに向いている人はどんな人か?仕事内容も紹介します! - シナリオライターってどんなアルバイト?

シナリオライターってどんなアルバイト?

最近、シナリオライターの需要が高まっており主にネット上で注目されています。
そもそもみなさんはシナリオライターという職業をご存知でしょうか。
おそらくパッと思いつく方は少ないかと思います。
一体何をするのか、どんなことをする仕事なのか見ていきましょう。

シナリオライターとは?

シナリオライターとはwebライターの内の一つで、主に映画やテレビ、ゲームのシナリオを考える仕事です。
セリフや場面を考える必要があるので、ただ記事を書くwebライターとは毛色が違います。
別の言い方をすれば脚本家です。こっちのほうがしっくりくるかもしれませんね。
同じ物書きとして小説家が比べられますが、シナリオライターや脚本家は映像に起こすことを前提としているので異なる部分が多いです。


どうすればシナリオライターになれるの?

シナリオライターには、「面白いシナリオ」を考える能力が不可欠になります。
そのために、発想力と想像力が必要になってきます。
物語を書くのが好きだという人には向いている仕事だといえるかもしれませんね。
そもそも、どうすればなれるのかというといろいろな方法があります。
大手放送局のスクールに通ってコネクションを作ってなったり、シナリオ募集を行っているところや求人に応募してみたりと方法はいくつかあります。
経験がない初心者でも応募できるところが多いのが魅力です。
プロのシナリオライターではなくアルバイトや副業の在宅ワークとして人気があります。
納期さえ守れば働き方を縛られることは少ないので自宅でも仕事をすることができます。

給料は?

給料のふり幅はかなり幅広いです。
年収で何百万と稼ぐ人もいれば、シナリオライターだけでは食べていくことが大変な方もいます。
仕事ができるかできないかで給料が変わってしまうのでいくらであるのかということは一概にいうことができません。

まとめ

シナリオライターについて少しでもわかってもらえたでしょうか。
興味を持ってもらえていれば幸いです。